Recent entries
2008/03/13 (Thu) END OF THE WORLD
2008/03/10 (Mon) TENNIS
2008/03/08 (Sat) 予告
2008/03/06 (Thu) タバコ1箱1000円
2008/02/25 (Mon) e-Tax
2008/02/23 (Sat) 突風!!
2008/02/16 (Sat) PCを新しくしたい

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


021.jpg


今日は、

久しぶりにVTに乗ろうと思い、

エンジンをかけるが、

寒いので、

なかなかかからない。

EDIXのバッテリーに、

つないでやっと、

エンジンに火が入ったのである。

貴重なオヤジの時間が、

エンジン始動に、

30分も費やしてしまったのである。

約束の時間まで、

あと15分しかないのである。

しかたがないから、

ホーメストタウンの、

直角コーナーを、

攻めに行くのである。

サスが直ったから、

絶好調である。

せっかくなので、

写真も撮るのである。

やっぱり、

気持ち尻下がりかな?

スポンサーサイト

020.jpg


ベースになってるバイクが、

なんだか判る人がいたら、

大したものである。

いじったところ全部は、

絶対に判らないはずである。

なぜなら、エンジンまで積み替えてあるからだ。

こいつは、ヤマハのGX250である。

エンジンは400のが載っかっている。

足回りはSRで、

フロントのブレーキは、

TZRの320Фにヤマンボの4ポッド、

自作のシングルシート、

キャプトンマフラー、

アファムのスプロケなどなど。

どういうわけか、

旧車をヨーロピアン調に、

カスタムするのがマイブームだったのである。

019.jpg


愛車2号、VT250FCが帰ってきたのである。

前後のサスの不具合である。

フロントは、長年放置されていたために、

ダンパーの穴をスラッジが塞いでいたため、

O/Hにて完治。

リアはショックユニットの寿命である。

まったくストロークしないのである。

当然、在庫なし。

しかたなく、ヤフオクで、

2型(FE)のやつを入手して移植。

気持ち尻下がりになってしまったが、

背に腹痛はかえられないのである。

しかし、短足の私には、

ちょうどいいのかもしれない。

試し乗りの感想は、

やっとスポーツバイクらしくなった、

という感じである。

018.jpg


オフミーティングに、

行ってきたのである。

もちろん、

「エディエディ!」のである。

今回は多摩地区&神奈川地区の、

いわばプチオフミである。

八王子が2台、橋本が1台、

川越が1台、川崎が1台の、

計5台が集まったのである。

自己紹介や情報交換など、

たいへんためになるミーティングであった。

私はシュンタ君を、

連れて行ったため、

先に失礼させてもらったが、

もっとみんなのDIY知識を、

教示いただきたかったのである。

次回はもっとたくさんの、

参加者が集うことを願いたい。

017.jpg


やってしまったのである。

隣の家の垣根の木の枝で、

「キィーーーッ!」

イヤな音がしたのである。

あわてて降りてみると、

白い線が2本、

30cmくらいキズがついてるのである。

「ああーーー!」

このクルマはペイントシーラントがしてあるので、

どうすればいいか分らないので、

速攻でディラーへ駆けつけ、

メンテ方法を聞いたのである。

完全に消えるかどうか・・・

016.jpg


ほんとは最後に出そうと思っていたが、

別板で話しがでたので、

85年型ポルシェ・カレラ911Sである。

正確には12年前である。

月々15万円のローンが払えた時代、

バブル絶頂期のことである。

私の運転技術では持て余し気味の、

奥の深いクルマであった。

最高速はメーター読みで225km/h。

R32に、よく煽られたのである。

そんな時は、

「10年早いよ!」な~んて言いながら、

リミッター付きの国産車を、

置いてけぼりにするのである。

もう2度と乗ることのないクルマである。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2005 カワセミわーるど, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。